ENTRIES

串無!

writed by : Hiraoka

平岡です。

とある休みの日。

焼き鳥屋にて。

予約した焼き鳥屋さんに入店。

店内のお客さんはそれほど多くなく。

まずはハイボールとおつまみキャベツ、ポテトサラダ、焼き鳥を何本か注文。

お酒と、おつまみキャベツ、ポテトサラダは瞬時にテーブルへ到着。

5分経過、、、

10分経過、、、

15分経過、、、

、、、まったく焼き鳥がこない。

なぜ?

その時、店員Aが登場。

店員A「すみません!店内の焼き台がすべて壊れたので、今日は1本も出せません」

は?

予約までしてわざわざ来たのに?

ふざけるな!

、、、と心の中で思いながら、瞬時にお店を出ました。

その後、お腹が減りすぎていたのでラーメン屋に移動。

ボリュームが多すぎて、3分の1程度しか食べれず。

胸やけ、、、解散。

またブログ書きます。

追記:

里帰り中の家族を迎えに福岡へ行ってきました。

IMG_3917

棒でカニさんは捕れないよ。

IMG_4029

寝てる人形を妹の手にのせる長男。

とにかく、みんなお帰り。

ゴミか?宝か?家庭内20年戦争ついに終結。そしてわたしはひとりになった・・・(完結編)

writed by : Yamamoto

前回のブログ後、私のことを独身と思っていたという人がでてきました。笑

 

では前回からのつづき・・・

月日が経つのはあっという間。チーム山本が解散してはや十数年経ちました。

私が外で働くようになってからも、
我が家のゴミ(おもちゃ)は、ずっと家の中心に居座っていました。

IMG_1954

しかし職業柄、綺麗な家と幸せな家庭を目の当たりにする事も増え、
やがて中年になり、家に安らぎを求めたくなってきたのです。

そうなるとまた山本家ゴミ戦争の勃発。

「さすがにもういいいでしょ。20年間ダンボールにいれっぱなし。
このゴミまとめてめて市の粗大ゴミにもっていったら
10キロ90円で捨ててくれるから
予約しとくよ。」

夫も結局このゴミを20年間出すことも見ることも、飾ることも遊ぶわけでもなく、
挙句の果てに成長した子供たちにも見向きもされない、

という状況をようやく受け止めたのか、
なんとか期限を決めて処分する約束をこぎつけました。

ある土曜日の私の出勤時に
出張買い取り業者を家に呼んで査定してもらうとのこと。

(あーあ。買取り屋さんね。だいたいそういうのアカンねんなあ。どうせ二足三文で買い叩かれるし。
バブルの痕跡、プラダのチェーンバッグとかGUCCIのバンブーバッグ、一個300円って言われたし。
まあいいか。現実を知ったらいいねん。ぷぷっ楽しみっ!20年前のスウォッチなんて売れるかいな)

IMG_1964IMG_1971IMG_1972IMG_1973

そして家に帰るとスッキリ片付いている。
夫が
「さあ、買い取り金額いくらでしょうか?」
と、めんどくさいクイズを。

私の推定金額は全部で2万円前後でしたが、
少し意地悪を言うてやろうと、高めに

「3万円くらいでしょ?」
と答えました。

答より安いであろう査定額を、
残念!実はもっと安かってん・・・
とがっかり思わせようとした、私の性格の底意地の悪さがでた瞬間、

「なんと!驚きの43万円!」

「・・・・
えーーーーーーーっ?ホンマに?」

IMG_1957 一番高い値がついたのが上の真ん中だそうです。

 

家族内では私側について、“ゴミおじさん”と一緒に言っていた

お腹を痛めて生んだ息子達も、お腹を痛めて私を生んだはずの母も、

目の前の現金に目がくらんだのか、あっさりと私を裏切り、「さすがお父さん!目利きある!」と父側に寝返っていったのでした。

 

IMG_1963IMG_1959IMG_1962IMG_1960

IMG_1961IMG_1966IMG_1968IMG_1970

 

その後の山本家というと・・・
夫が大画面で映画を観たいからずっと欲しがっていたけど、そんなん要るか!と買わなかったプロジェクターが天井に取り付けられ、
子供は汗かくもの!甘やかすなと、つけてなかった子供部屋のエアコンの設置工事が始まり、
母には、ものすごい音と振動があるから買い替えて欲しいと言われていた洗濯機も購入。

IMG_1977IMG_1974

しかし待てど暮らせど、私だけ何も買ってもらえず。
ある日家に帰ると見慣れないものが。

床拭きロボット
『Braavaブラーバ』でした。

IMG_1976

いつも「ワタシ仕事大変やねん。」と偉そうにして、家事も母親にまかせっきりの口だけ達者の古女房の代わりに、
皆が寝静まった頃、文句も言わず健気に、部屋の床磨きをせっせとしているはたらき者の若妻ブラーバにポジションを奪われたのです。

そうしてワタシは山本家の家電バブルの仲間に入れてもらえず、ひとりポツネンと取り残され、
ワタシの要望のキッチンの壊れた食器洗い機もそのまま。
毎晩シンクの上の手元灯だけ点け、手洗いでシャカシャカ洗っている日々を過ごしております。
がんばって働いて
大型食器洗い機がついたKOBE STYLEのキッチン購入しよう!

ゴミか?宝か?家庭内20年戦争ついに終結。そして私はひとりになった・・・(前編)

writed by : Yamamoto

隠しているわけではないのですが、

お施主様や取引先の人たちが、私の事を勝手に

『独身』

と思い込んでいる方が多いのですが、

一応現段階では配偶者ありのヤマモトです。

 

先日お施主様と雑談していたときに、

「山本さんのことを、仕事命で婚期を逃し出世をした人と思っていた」

とのこと。

どうも生活感がないらしいので、スタッフの小川さんも西岡さんも、入社してからしばらくは私のことを独身と思っていたそうです。笑

 

そんな私も山本家に嫁ぎ、20数年が過ぎました。
実はその間、ずっと揉めている家庭内の問題があります。

 

それは夫のゴミ問題です。(本人にとっては大切のものらしい)
小さい頃から甘やかされて育った彼の実家には、
箱に入ったままの大量のおもちゃがずっと蔵に保管されていた状態でした。

 

私は結婚と同時に彼の実家の敷地内の離れを潰し、自分の設計したキッチンを嫁入り道具とし、家を新築しました。(これからおとずれる不況のことなど考えずに、住宅ローンを組み、お給料も上がるのを見こしてどんどん返済金額もふえるという恐ろしいローン地獄がくることも知らず・・・)
そして離れにあったゴミ(大事なモノともいう)をそのまま新築の家の二階の未来の子ども部屋にゴッソリと移動してきたという経緯になります。

 

何度も友人を自宅に招く度に捨ててよ、嫌やの繰り返し。

 

そして、何度か喧嘩を繰り返すうちに
ネットオークションというものが世の中に出てきました。

 

「このおもちゃ(ゴミやけど)買ってくれる人いれば捨てずに済むし、お小遣いになるんちゃうの?

(ローンの足しにもなるし)」と提案。
そしてチーム山本として、オークションで販売していくことになりました。

 

すると、結構な金額で売れる売れる。
ゴミを欲しがる人が世の中にこんなにいるのか?とびっくりです。

 

驚いたのは超合金(箱入り)が10万円以上で売れたのがキッカケに、
家はゴミもなくなり綺麗になるし、お金もたまるしなんだか気分もよく、欲もでてきてどんどん販売。
ガンダムのゲルググとかザグかザクとかのプラモデルの未開封もの、
仮面ライダーのライダーベルトetc

こんなん買うのなんてアホちゃうかと思いながら、無職の私はゆうちょの入金確認と梱包と発送を担当。
(当時はインターネットバンキングなどなかったと思う)

ある日ライダーベルトを発送する時、先方から送り先は職場に、備考欄には『教材』と記載してくださいと指示が。
送り先は?『〇〇小学校』

はあ?
教師のおっさんが、家でお風呂上がりにライダーベルトつけて変身?
もうヘンタイやん。
ニッポンの教育は大丈夫か?

 

そしてある日、プラモデルを送った後に
購入者から
梱包状態が悪い。
箱の角が潰れていた。気をつけてください。

 

とクレームがきたらしい。
どんな梱包したん?ちゃんとして!
と夫に怒られる始末。

 

はあ?
なんやねん!
ずっとガマンしてたけど、
ワタシの取り分売り上げの1割も貰ってないし、
朝から通帳の入金確認、ダンボール組み立てて郵便局の往復。
お金ももらわれへんし、達成感もない。
結婚前はバリバリ働いていたのに…ううう…

こんな事やってられへんわ!

 

と、チーム・ヤマモトはその後も内部のトラブルが絶えず、
有限会社ヤマモトになる前に解散したのでありました。笑

 

そして私も、やっぱり外で働きたいという
気持ちが大きく膨らんでいったのであります。

後編につづく・・・

IMG_1953

注 写真は本文のイメージです。