ENTRIES

キッチンお引き渡しレポート in神戸市須磨区

writed by : Yamamoto

夏休みもうすぐ終わりますね。
仕事もプライベートもこの夏もほんと忙しかったです。

プライベートでは友人達の帰省ラッシュ、
ホームパーティーでは10数年前のみんなで旅行して
撮影していたデジタルビデオを
一人がDVDにダビングしてくれたので早速上映会になったのはいいけど、
韓国や京都でのテンションが高く目を覆いたくなるシーンばかり。

もし私が今後有名人になってこのビデオが流出したら困るなあと
思いつつ爆笑で見終え、夜は花火をしにいきました。

友人がボソリ、昔花火した後家に帰ったら服が焦げていてお母さんに
怒られたという話をしだしました。
ふざけて彼女の背中に向けて花火ビーム!をした犯人は間違いなく私デス。
よいこのみんなはマネをしないでください。

仕事では先日山岡哲哉建築設計事務所さん設計の
神戸市須磨区・月見山の家のキッチン引き渡しに行ってきました。
tsukimiyama1.jpg

アイランドキッチンは、長さ3m30cm厚み6cmと迫力のある
人工大理石天板です。
生活感をださないようにシンクには蓋をつけています。
tsukimiyamasink.jpg

AEGのオーブンは51lの容量で本格的な料理ができます。
tsukimiyamaaeg.jpg

引き出しワゴンはダイニングまで移動できます。
tsukimiyamawagon.jpg

お引き渡しの帰り道、
傘を忘れた事に三ノ宮で気づき、まだ現場にいる山岡さんに電話して
持って帰ってきてもらうようにお願いをしたのですが、
後日山岡さんから連絡があり、どんなに探しても、現場にいた人全員に
聞いても見つからないないとのことでした。

私の脳裏に…ま、まさか、ひょっとして月見山の駅…?
恐る恐る山陽電鉄忘れ物センターに電話を
したところ、月見山の駅の切符売り場にあったとのこと。
ヒイー。

傘が見つかったうれしさと同時に皆様にご迷惑をおかけしたバツ悪さが。

山陽電鉄忘れ物センターに傘を取りに行こうと

「場所は三ノ宮ですか?」と聞くと

「明石です。」

ヒイー

「3ヶ月以内に取りにきてください。」

「じゃあ3ヶ月たつと鉄道忘れ物市にだして売るんですねー」と聞くと

「何いうてまんの。うちはお金払って業者に引き取りにきてもらいますねん。」
と怒られた一言多い私。

20年以上前からあまり変わっていないヤマモトでした。

キッチンお引き渡しレポート in 西宮市夙川

writed by : Yamamoto

日頃汗をほとんどかかないくらい新陳代謝が悪いのですが、
さすがにこの猛暑、立っているだけで汗ボトボトかいているヤマモトです。

 

先日駅のベンチで隣に座っていたオジサンが
扇子でパタパタ扇ぐのはいいけど
こっちにむけてパタパタするので
オジサンの香りが私の鼻腔をむおーっと直撃するので
暑さとのコラボで不快指数200%でした。

 

先日兵庫県西宮市の閑静な住宅街にある石川友博建築設計事務所さん設計、夙川の家の
オーダーキッチンお引き渡しに行ってきました。

K1007-6K002.jpg

 

今となっては楽しい思い出ですが
ショールームで設計士の石川さんとT様夫妻と色々な検証をしながら
決めていきましが、特にこだわっていたのが、なるべく収納を多く、
レンジフードはお掃除がしやすいものということでした。

 

聞くと御主人が特に揚げ物が好きな
『あぶラー』との事。(一同爆笑)
揚げ物の回数が多いので掃除のしやすさを特に気にされていました。

 

横であぶらもんとは無縁のイメージの石川さんいわく
使う油は良質のこめ油かオリーブ油とのこと。
うっ。やはりそのスリムなスタイルは油ですか。
一同納得。

 

K1007-6K08.jpg

扉はウォールナットの突き板に着色ウレタン塗装、ウレタンのツヤを抑えた仕上げにしました。
天板、取手や、機器はブラックで統一。とってもかっこいい仕上がりになりました。

斜めになった壁にあわせて収納をつくりました。

 

奥様より背の低いお母様の手が届くようダウンウォール収納をつけました。

 

K1007-6K09.jpg

毎回キッチンお引き渡し後の楽しみとしてお施主様と設計士さんにお願いして
家の中を案内してもらいます。
今回も石川さんとT様にお願いして見せていただきました。
お施主様のこだわりや、設計ポイントを聞き、
「キャー素敵~。いいですねー」と仕事を忘れ、楽しませていただきました。

 

ご主人担当の毎朝のメニューに厚切りベーコンがが
欠かせないとのこと。

なんとベーコンは毎日だそうです。 さすがあぶラー!

IHで美味しくつくってくださいね。

施工写真はこちら

皆様のおかげです。

writed by : Yamamoto

昨年流行ったチュニックは妊婦さんみたいに見え、

レギンスは力道山みたいに、

今年の夏流行のマキシ丈ワンピース(足首までのロングワンピース)は

夏おばちゃんが夕涼みに着るアッパッパーみたいになり、

年々流行の服が似合わなくなってきているヤマモトです。

(きっとくろよんとうめこにヤマモトさん、あっぱっぱーてなんですか?って言われるなー・・・)

 

7月が終わり振り返ってみるとキッチンの納品が7セットありました。

6月の予定がずれて集中したりとで大変でしたけど、

現場や工場の人達の協力があり、無事施工が完了いたしました。

 

k1007-7b.JPG

川添純一郎建築設計事務所・K様邸

 

K1007-6_3S.jpg

石川友博建築設計事務所・T様邸

 

細かいおさまりがわからないときに的確に指導してくれる東京の師匠、

材料が足りない時にすぐに手配してくれた工場の人達、

色々な状況に協力、対応してくださった現場監督さん達、

この猛暑の中施工してくれた職人さん達。

 

ある現場では、人工大理石カウンターの手直しが必要な状況になり、

手直しの材料を手配してもらおうと工場に連絡したところ、

「すぐ運べるなら持っておいで。工場で手直ししてあげるから」と言ってもらったので

工場に運び、今している仕事の手を止めて、補修してくれました。

 

ある現場ではカウンターがかなり大きく、

搬入時にはトラックの運転手さんと工場の社長とキッチンの職人3人いましたが、

予想以上に重く、現場の監督さん達にも手を貸していただき、

おさめることができました。

blog k1007-5b1.jpg

山岡哲哉建築設計事務所・Y様邸

 

オーダーキッチンは物件ごとに仕様が違うので

現場では予期せぬことが起こる場合がありますが、

沢山の方々の協力のおかげでお施主様に引き渡すことができます。

 

最後にお施主様に喜んでいただけると、私は裏で支えてくれた

皆さんに報告ができ、次も頑張れるのです。

 

8月もまだまだ施工、お引き渡しが続きます。

お施主様の喜ぶ顔を励みに頑張ります。

 

*上記は施工途中や取り付け直後の写真です。

竣工写真は後日・・