ENTRIES

リフォームで大切なこと

writed by :

春から、3物件のリフォームを着工しており、バタバタした生活を送っている

藤田です。

 

キッチンリフォームだけでなく、子供部屋の改造工事もやっておりますが当社の 

得意技を生かし少し凝ったプランにしています。

「子供部屋間仕切りオーダー収納壁」

なんと長いネーミングでしょう。

 

3人のお子さんのために間仕切りを行い、将来的に子供達が巣立った後はまた広い

ワンルームに簡易的に戻すことが出来る計画です。

壁ではなく幅50cmのオーダー収納家具で仕切ります。

 

施工事例はGW明けにアップいたしますのでご期待ください。

 

リフォームで大切なこと

リフォームで一番大事だなーと感じることは老朽化した設備配管や電線をリニューア

ルすることだと毎回感じています。

 

表面的に内装を行い美しく仕上げても、水廻りの配管や電線などが古くて老朽化して

いたらまったく意味がありません。

 

人間で言うと血管が詰まっていたり、破れそうな人は健康ではありませんよね。

いつか大病につながります。

 

お家も同じで、特にキッチンやお風呂などの水周りのリフォームの際は、既存の

配管を必ずチェックしてもらってください。

特にマンションは気をつけてください。漏水すると大変なことになりますから・・・・

古ければ新しい樹脂性のパイプに交換することをお勧めいたします。

特に築20年以上のマンションは要注意です。

 

私は見れる限り着工前に配管や配線を覗き見するようにしています。

 

こんな感じで・・・・

配管画像1

マンション天井裏

給湯配管、排気ダクト、電線が見えています。

 

配管画像2

キッチン前の古い配管

 

私ならばこの時点で配管は取り替えてしまいます。

 

白いパイプのが昔主流だった、お湯用被覆銅管で

黒っぽいのが水用ビニールパイプこのまま使うとリフォーム

した意味がないので、新商品の樹脂パイプにすべて取り替えます。

でもね、ほとんどのご家庭が現在こんな感じのパイプなのです。

 

銅管は溶接部分が水の摩擦で破れることがあり、ビニールパイプは継ぎ手から

漏れやすいと思います。

特に紫外線には弱く露出しているビニールパイプは劣化して子供が踏んでも

割れるくらいにもろくなります。

 

少し予算は必要ですが、配管はめったに取替えが出来ないので解体する際に

確認することが大切です。

皆さまも リフォームの際には業者さんに頼んでみれば安心して生活できるでしょう。

 

藤田幸大

 

 

キッチンお引き渡しレポート in兵庫県芦屋市

writed by : Yamamoto

日本経済復興の為に日々せっせとお金を使っているヤマモトです。

 

ashiya6.jpg

先日友人達と私の大好きな万博公園にお花見に行ってきました。
全国的にお花見を自粛しているところが多かったのですが、
万博公園の入園料が公園内の桜やチューリップ等の維持費に
使われるのであれば、むしろ行ってあげるほうがよいと私は思います。

 

桜満開の芦屋川を上がって行ったところにある山手のマンションリフォーム
K様邸(KOBE STYLE Kitchen & Reform設計・施工)の
お引き渡しに行ってきました。

 

 

ashiya1.jpg

ご採用いただきましたオーダーキッチンの
扉は框のウレタン塗装仕上げ、
お手持ちの食器がはいる収納と調理スペースを大きくとった
コの字型にし、カウンターは白の人工大理石でスッキリとし、
作業スペースをかなり広くとっているので
お料理以外でも作業スペースとして使えます。

 

コーナー収納をやめ、コンロ両サイドに調味料入れをつけ、

 

ashiya2.jpgゴミ箱のスペースも扉をしめるとわからないよう製作しました。

 

ashiya3.jpg 

ashiya4.jpg

壁面収納にいれるビルトインオーブンの納品が
震災の影響で遅れています。K様に事情をご理解していただき
オーブンは後日納品予定です。

 

マンションリフォームは動かせない壁があったり、
電気の容量や、配管の関係でレイアウトにも規制があります。

 200V電源のミーレの食器洗い機をいれられないこともありますが、
規制の中で色々なパターンのプランニングが可能なのが
オーダーキッチンのメリットだと思います。

 

マンションから見える景色は海、街、自然が見渡せ絶景です。

キッチンからもよく見えます。

 

お昼はワイン、夜は夜景を見ながらブランデーですねと奥様とホームパーティー談義で

ワイワイ盛り上がっておりました。

ashiya5.jpg

芦屋山手の家K様邸施工事例

キッチンお引渡しレポート・in兵庫県たつの市

writed by : Yamamoto

ちらほら桜が咲き始めてきています。

コートがぴちぴちなので早く暖かくなってほしいと思うヤマモトです。

 

今年の冬、通勤途中くろよんに
「なつかしいわー、最近しょうちゃん帽流行ってるねー」と言っても通じず、
「じゃあ、あの毛糸のボンボンがついた帽子の事何ていうのよ?」
と聞くと
「ニット帽です。」
「…」

 

ある日ウメコが現場に行くとき、
「現場用ズック持っていきーや」と言っても
「ズックって何ですか?」

「…」
いや、私も今は言わへんけど
小さい時靴の事ズックって言ってたよね、くろよん。
くろよんは知ってるよね、と必死。

 

先日兵庫県たつの市の
M様邸キッチンお引き渡しに行ってきました。

 

アイランドにシンク、壁側にコンロと
わけているので調理スペースが広く家族みんなで
楽しくお料理ができます。

 tatsuno005.jpg

 

扉はシナの突き板に着色ウレタン塗装をしていて
建築工事の収納とキッチンと同じ色に
揃えているので一体感があります。

 tatsuno003.jpg

機器と扉のラインもそろえています。

奥様が今までのキッチンは調理スペースが狭かったので
広くなったと喜んでいただきました。

 

M様ご夫妻にすすめられて行った女性ひとりではなかなか入りにくい中華料理屋さんに思い切ってひとりで入ったのはいいけど
オススメが何かを聞いていなかった事に気づき、
わざわざ電話して聞くのも格好悪いので
クールに焼きそばを注文。
後でご夫妻に報告すると、えーひとりで入ったのですかと笑われ、

しかもオススメは日替わり定食でした。
がくっ。←古い表現らしい…

美味しいもの食べる事が大好きとおっしゃっていた奥様。

 

たつの市は海の幸、山の幸がたくさんあってうらやましいです。

ステージのようなキッチンでお料理がんばってください。

施工写真は後日アップします!