ENTRIES

イクメン・イケダン・料理男子

writed by : Yamamoto

最近スタッフ みんなとMOCO’Sキッチンに
はまっているヤマモトです。

 

MOCO’S(モコズ)キッチンとは
俳優の速水もこみち君が料理をつくるという
朝の情報番組の中の3分くらいのコーナーで、

手際よく料理をする姿をみてすっかり虜になりました。

 

特にあの190cmちかくある身長で高さの合わないキッチンに
腰をかがめて包丁を使う仕草に母性本能をくすぐられます。

 

彼が190cmだとキッチン製作の式(身長÷2+5cm)で計算してみると
作業台は 100cmの高さのキッチンがベストですが、(高っ)

テレビではおそらく85cmくらいの高さだと
思うのですが、それがまた普通のキッチンで
料理をしている感じで素敵です。

 

キッチンは全体が白で統一、アイランドのお料理するところは
人大カウンター、背面カウンターはタイルと
なぜか女性好みのカワイイキッチンなのです。

MOCO’Sキッチン

 

以前おさめさせていただいたキッチン、
兵庫県神崎郡のN様邸のバック収納のカウンターもこんな感じでした。

 

whitetiles.jpg

 

最近は家で料理をつくる男性がぐっと増え、
料理男子というそうです。

   私達もキッチンの打ち合わせの時に、
ご主人がキッチンを使うかどうかもお聞きします。

 

作業台の高さやレンジフードの高さも
なるべく話し合って決めるようにします。
お皿洗い担当がご主人の場合は真剣の食器洗い機の説明を
聞いてらっっしゃいます。

 

打ち合わせには一緒にお料理をする旦那さん、
料理をされない場合は奥様がキッチンの打ち合わせに集中できるように
子供の面倒をみているご主人が多いです
 今風 にいうとイケダン、イクメンとでもいうのでしょうか。

 

イケダン→イケてる旦那
イクメン→育児に積極的な男性の意味
だそうです。
ケンタッキーフライドチキンをケンタのフラチンとは言えても
イケダンってちょっと恥ずかしくて言えないですよね。

 

イケダンとは人気女性誌がつくった言葉らしく、
ある年齢以上の人は必ずといっていいほどイケダンと聞いて
ダン池田か!つっ込むそうです。
ちなみに電車の吊り広告を見てつっこんだ私もそのうちのひとり・・・

 

KUROKAWAキッチン見学&取材と関西弁

writed by : Yamamoto

またまた大嫌いな運動会の季節になりました。

 

運動会や学校行事のときの行進で
『ボギー大佐』という曲が使われることがありますが、
小学生のとき.6年生を送る会での行進のときに
「サル!ゴリラチンパンジー!!」と
大合唱して、終わりの会で男子と一緒に立たされたヤマモトです。

 

先日エクレアパーツの伊藤さんが東京から来られました。

パーツはオーダーキッチンには欠かせない重要なアイテムで、

日々指導を受けており、心の中で師匠と仰いでおります。

あいかわらず私との会話中、

「サラって何ですか?」
「えっサラピンとかって言わないんですか?新品のことサラっていいますやん!」
「言いませんよ~」
とか、

「ヘレ肉美味しかったですよ~」と私が言うと
「ヘレって何ですか?」
「えっ?ヒレともいうけど普通ヘレって言いますやん。」
東京ではヒレオンリーでした。

 

その他私がヘビイな関西弁をレクチャーして、

「毛ぇぼーぼーとか
関西ではみんな使いますよ~」
と言っても
最近では
「それを言うのはヤマモトさんだけでしょ。くろきさんもウメダさんも言わないでしょ」
とか疑り深くなっていました。ヤマモト信用度ゼロ・・・

伊藤さんがブログでKOBE STYLE Kitchen & Reformのこと
書いてくれています。→エクレアパーツブログ
うちと違ってちゃんとした真面目なブログです。
オチはないですが(笑)

きっと伊藤さんやくろよんは式の最中にサルゴリラチンパンジーを合唱することは
なかったかもです。(絶対みんな心の中では歌っていたはずやのに!

ええかっこしぃか!←これも関西弁らしいです。)

 

ちなみにヤマモトの名誉の為、スタッフ全員に確認したところ毛ぇぼーぼーは

髪の毛が伸びたときや、髪の毛のボリュームがあるときに

日常的に使うとのことが判明。

 

KOBESHINBUN1.jpg

上記の写真は先日神戸新聞が弊社ショールームに取材にこられました。

新聞以外にもネットで紹介されています。

取材内容はこちら

 

 

 

 

ワインの会に行ってきました。

writed by : Yamamoto

先日ホームパーティにも呼んでいただいた芦屋山手の家
K様にお誘いいただき、
K様お知り合いのワイン専門店さん主催のワイン試飲会にくろよんと行ってきた
ヤマモトです。

 

芦屋のホテルでワインの会?
セレブの会?
目に羽根がついた仮面とかつけないと
いけないのかしら?
等と色々な想像をしていました。
くろよんいわく、
私は妄想癖があるそうです。(笑)

 

入り口で会費を払い、ワイングラスをもらいます。
この日はイタリアとスペインのワイン中心で、
約20社がオススメのワインを10本ほど
用意して試飲をさせてくれます。
全部で500種類のワインが用意されているそうです。

 

wine2.jpg

仕事帰りの為与えられた時間は1時間弱。
スパークリングでまず各社まわり会場を1周します。

一本だけ飲んでも気づかないのですが、
飲み比べてみると味が全然違うのがわかります。

テイスティングの後のに飲みきれないお酒を
捨てるバケツも用意されていましたが、
もったいないので注がれたものは全部飲んでいました。

キッチン施工帰りの空腹時に一気に飲んだこともあり、
スパークリングだけですでにヘロヘロに。
さらに重い荷物とヒールを履いてきた事を後悔。

白ワイン、赤ワイン、全てのブースを回るのはむりなので
カッコイイ担当者のブースにしぼり試飲。

私は辛口、くろよんはフルーティーのワインを
ごくごく、そして赤ワインもフルボディを最後に
いただき、
気にいったものを帰る時に注文できるので、
白のスパークリングと赤のスパークリングと
赤の計3本を購入しました。

wine1.jpg

 

ワインとは別腹のお腹がなっていたので
3人で焼き鳥を食べに行きました。
世代は違う女子会は今だから話せる、ここだけの話、
等いろいろ楽しかったです。

 

第2回目はフランスワインの会があります。

スニーカーとリュックとウエストゴムの
服で、ビーフジャーキーとかきピー隠し持って行こうかと
くろよんと戦略会議です。
入り口で止められるリスクはありやけど(笑)

 

 

euro.jpg

上記はユーロカーブさんに研修に行った時のショールームに
展示しているワインセラーの写真です。

 

先日オーダーキッチンを納品した現場にもう少し内装が仕上がったところで
大型のワインセラーがはいります。
こちらも楽しみです。