ENTRIES

リニューアルしました

writed by : Ogawa

こんにちは!
黒木さんと同じく、
路線アプリの検索した乗り継ぎよりも
早く乗り継ぎたいと思っているオガワです。

私の場合は、乗り換える予定の電車より
早い電車を再検索します。
乗り換えが多い時は、常に早歩きか小走りなので
サスペンスドラマの犯人のアリバイ工作の気分です。笑
黒木さんのような坂道ダッシュは私には無理ですが・・・

 

さて、この度、KOBE STYLEのホームページを
少しリニューアルしました!
変更したのは、キッチン納品事例のページです。

お蔭さまで事例も増えて、現在は200件以上の事例を
掲載しています。
ただ、増えて来るにつれて、スタッフもお目当ての事例を
ご紹介したいのになかなか見つけられないこともあり、
お客さまにも見ていただきやすいように、絞り込み検索の
機能を追加しました。

実際のページは、こんな感じです。

5-1

 

キッチン事例ページをクリックしていただくと、
「タイプ」「素材 扉」「素材 天板」の項目がありますので
お好みの項目にチェックしてください。

例えば、ペニンシュラ型で扉も天板も全部ステンレスにしたい!
という場合は下記のようにチェックしていただくと・・・

5-2

該当する事例のみ表示されます。
絞り込み欄を消したい方は、右端の×マークをクリックしてくださいね。
今後も、さらに充実した、見ていただきやすいホームページを
作っていきますので、変更があればまたお知らせします。

 

最後に。
以前のブログで陶芸体験に行ったことを書きましたが、
焼き上がってきました。

5-3

お皿の色はイメージ通りでした!
形は、イメージよりいびつな形になっていましたが 笑
味がある感じで、気に入っています。
また次に作った時には、ご紹介します。

 

いらち【苛ち】?

writed by : Kuroki

どちらかというと
山の方に住んでいるので
六甲アイランドのショールームまで
行く通勤電車で乗り換えが4回あります。

路線アプリの検索で出てくる
乗り継ぎよりも
さらに早く乗り継ぎたいと
自分でもわからないけど
常に急いでしまう黒木です。

この前は摂津本山から岡本の
ゆるやかな石畳の坂(岡本坂というらしい)を通常5、6分はかかるところ3分で行けば
一本前の電車に間に合うと思い
一気にかけ上がってみたら

えっ。。かなりしんどい!
電車の中で一人ゼェハァが止まらない。
若い頃のマラソン走ったあとの感じに。
日頃運動ゼロですし
自分の年齢を忘れていました。。
1時間ちょっとの通勤時間が45分ぐらいで帰れたと自慢げに平岡くんに言ってみたけど

「その坂で黒木さんが
走っているところを生で見てみたいです笑」
とお腹を抱えて笑われました
(そこですか。。)

そんな話はさておき。

この時期はキッチンに使う設備や素材のメーカーさんから新製品や新色がでてきています。

IMG_8681

IMG_8686IMG_8683IMG_8682IMG_8687

 

協力業者さんに新しい商品や素材サンプルを持ってきていただきました。

使ったことのない素材や商品などは
お客様に安心して使っていただける素材か
を選定してご提案しています。
ただ、ものには必ず
メリットデメリットがあります。
それを両方把握して
ご提案時に両方お客様にお伝えしています。
お客様それぞれの優先順位がありますよね。

機器なら見た目や機能が
優れているだけではなく
納入後のメンテナンスが
しっかりしているかも大切です。
キッチンは永遠なものではないですが、
できるだけ長く快適に使って
いただきたいので。

オーダーキッチンという

規格枠がないものだからこそ

厳選したいです。

蟹座男の奮闘記

writed by : Hiraoka

平岡です。

私事ではございますが、5月2日に2人目(長女)が誕生しました。

残念ながら立ち合いはできませんでしたが、移動中の電車内で報告を受け

危うく電車内で泣きそうなりました。笑

色々とサポートして頂いた会社の皆様、改めて本当に有難うございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我が子と対面した時は、心から感動と感謝。

その後は妻の実家にて、長男の子守りと病院の往復をしたゴールデンウィーク。

 

子守り中居間でのんびりしていると、

「今晩のおかずよ!」とバケツの中に沢蟹が、、、

IMG_3085

天ぷらにするとの事、、、まじで?

(田舎出身の僕は関西に出てきて、虫などが触れなくなっています)

バケツの中の光景を見た僕の表情は、かなーりひきつっていたと想います。笑

2歳の長男は何故か「カニさん!」という言葉を覚えており、

子守り内容としてはほぼ「カニさん捕り」

FullSizeRender

朝起きて朝食~カニさん。

昼食~そしてカニさん。

僕が手でつかめないので、お義母さんが推定W600~W1100に伸びる虫捕り網を用意してくれました。

カニ捕り中、モゾモゾするな?と脚の親指(サンダル)にカニが乗っていた時は、

30過ぎたおっさんが「うわー!」と大声。

名前も知らない近所の方、びっくりさせてすみません。

2歳の息子よ、、、君は笑って俺を見ていたけど、、、頼りない父親ですまないね。笑

 

そしてお義母さんから衝撃の一言。

「調理中、カニが指を噛んできて、手をふってたらどっか飛んでいってしまった」

、、、2人目に生まれた赤ちゃんが、どうか嚙まれませんように。

またブログ書きます。

 

追記:昔は触れたのに触れなくなった虫たち。

克服方法はあるのでしょうか。

思いつくのは催眠療法とか。