ENTRIES

串有!!

writed by : Nishioka

先日、父宛てに
殴り書きで「いらないトンカチとかあったらちょうだい!!」
と書いたメモを置いて家を出たら、

その晩、
「いつもあんな字書いとるんか!?他人が見たら、ゴリラや思うで。」
と言われ、かなりのダメージを受けたニシオカです。

ゴ…ゴリラ…。

 
石川友博建築設計事務所設計、M様邸の上棟式に参加させて頂きました。

M様ご夫妻のお人柄も感じるあたたかい上棟式。
式が始まると、現場に一体感が生まれ、私自身も改めて気持ちが引き締まります。

IMG_4834

今回はオーダーキッチンとオーダーバスをご採用頂いております。
お打ち合わせも毎回楽しくさせて頂き、現場が始まるのを楽しみにしておりましたが、新しい事への挑戦も多く、只今かなり緊張しています。
机の上にゴリラが描いたような意味不明なメモが溜まり溜まって引き出しの中に押し込む日々。
(整理っ整理っ!)

でも、上棟式で職人さんたちと顔合わせし、現場の雰囲気を知るだけでもだいぶ気分が違います。
どうしたら構造的に強くなるのか、仕口のはなしetc色々な業種が集まって貴重なお話も聞くことができました。
キッチンの構造にも応用出来そうなのでメモメモ。

そしてなんと、現場に人気の串カツ屋台が来ました!
すごーい!美味しい!

IMG_4835

終始感動の一日。
M様、とっても素敵なお時間をありがとうございました。

 

おまけ。〜酒屋の店主と小競り合い〜

IMG_4836
ニシオカ「…。ノシに横書きなんて見たことないですけどね…。」

店主「横書きよく書くよ!横文字の会社名、縦に書く方が間違ってるで、おねーちゃん!」

ニシオカ「でも、横書きなんて見たことないし、うちの会社だけやったら恥ずかしいしー!」

店主「でも狭いし書かれへんよ!あかんあかん。」

ニシオカ「書いてくれへんのやったら、他のお店でお酒買うでっ。」

実際のところ、どうなのでしょう?横書きでもアリなのでしょうか?

ゴリ子のくせに他人の字に厳しいニシオカでした。

串無!

writed by : Hiraoka

平岡です。

とある休みの日。

焼き鳥屋にて。

予約した焼き鳥屋さんに入店。

店内のお客さんはそれほど多くなく。

まずはハイボールとおつまみキャベツ、ポテトサラダ、焼き鳥を何本か注文。

お酒と、おつまみキャベツ、ポテトサラダは瞬時にテーブルへ到着。

5分経過、、、

10分経過、、、

15分経過、、、

、、、まったく焼き鳥がこない。

なぜ?

その時、店員Aが登場。

店員A「すみません!店内の焼き台がすべて壊れたので、今日は1本も出せません」

は?

予約までしてわざわざ来たのに?

ふざけるな!

、、、と心の中で思いながら、瞬時にお店を出ました。

その後、お腹が減りすぎていたのでラーメン屋に移動。

ボリュームが多すぎて、3分の1程度しか食べれず。

胸やけ、、、解散。

またブログ書きます。

追記:

里帰り中の家族を迎えに福岡へ行ってきました。

IMG_3917

棒でカニさんは捕れないよ。

IMG_4029

寝てる人形を妹の手にのせる長男。

とにかく、みんなお帰り。

ゴミか?宝か?家庭内20年戦争ついに終結。そしてわたしはひとりになった・・・(完結編)

writed by : Yamamoto

前回のブログ後、私のことを独身と思っていたという人がでてきました。笑

 

では前回からのつづき・・・

月日が経つのはあっという間。チーム山本が解散してはや十数年経ちました。

私が外で働くようになってからも、
我が家のゴミ(おもちゃ)は、ずっと家の中心に居座っていました。

IMG_1954

しかし職業柄、綺麗な家と幸せな家庭を目の当たりにする事も増え、
やがて中年になり、家に安らぎを求めたくなってきたのです。

そうなるとまた山本家ゴミ戦争の勃発。

「さすがにもういいいでしょ。20年間ダンボールにいれっぱなし。
このゴミまとめてめて市の粗大ゴミにもっていったら
10キロ90円で捨ててくれるから
予約しとくよ。」

夫も結局このゴミを20年間出すことも見ることも、飾ることも遊ぶわけでもなく、
挙句の果てに成長した子供たちにも見向きもされない、

という状況をようやく受け止めたのか、
なんとか期限を決めて処分する約束をこぎつけました。

ある土曜日の私の出勤時に
出張買い取り業者を家に呼んで査定してもらうとのこと。

(あーあ。買取り屋さんね。だいたいそういうのアカンねんなあ。どうせ二足三文で買い叩かれるし。
バブルの痕跡、プラダのチェーンバッグとかGUCCIのバンブーバッグ、一個300円って言われたし。
まあいいか。現実を知ったらいいねん。ぷぷっ楽しみっ!20年前のスウォッチなんて売れるかいな)

IMG_1964IMG_1971IMG_1972IMG_1973

そして家に帰るとスッキリ片付いている。
夫が
「さあ、買い取り金額いくらでしょうか?」
と、めんどくさいクイズを。

私の推定金額は全部で2万円前後でしたが、
少し意地悪を言うてやろうと、高めに

「3万円くらいでしょ?」
と答えました。

答より安いであろう査定額を、
残念!実はもっと安かってん・・・
とがっかり思わせようとした、私の性格の底意地の悪さがでた瞬間、

「なんと!驚きの43万円!」

「・・・・
えーーーーーーーっ?ホンマに?」

IMG_1957 一番高い値がついたのが上の真ん中だそうです。

 

家族内では私側について、“ゴミおじさん”と一緒に言っていた

お腹を痛めて生んだ息子達も、お腹を痛めて私を生んだはずの母も、

目の前の現金に目がくらんだのか、あっさりと私を裏切り、「さすがお父さん!目利きある!」と父側に寝返っていったのでした。

 

IMG_1963IMG_1959IMG_1962IMG_1960

IMG_1961IMG_1966IMG_1968IMG_1970

 

その後の山本家というと・・・
夫が大画面で映画を観たいからずっと欲しがっていたけど、そんなん要るか!と買わなかったプロジェクターが天井に取り付けられ、
子供は汗かくもの!甘やかすなと、つけてなかった子供部屋のエアコンの設置工事が始まり、
母には、ものすごい音と振動があるから買い替えて欲しいと言われていた洗濯機も購入。

IMG_1977IMG_1974

しかし待てど暮らせど、私だけ何も買ってもらえず。
ある日家に帰ると見慣れないものが。

床拭きロボット
『Braavaブラーバ』でした。

IMG_1976

いつも「ワタシ仕事大変やねん。」と偉そうにして、家事も母親にまかせっきりの口だけ達者の古女房の代わりに、
皆が寝静まった頃、文句も言わず健気に、部屋の床磨きをせっせとしているはたらき者の若妻ブラーバにポジションを奪われたのです。

そうしてワタシは山本家の家電バブルの仲間に入れてもらえず、ひとりポツネンと取り残され、
ワタシの要望のキッチンの壊れた食器洗い機もそのまま。
毎晩シンクの上の手元灯だけ点け、手洗いでシャカシャカ洗っている日々を過ごしております。
がんばって働いて
大型食器洗い機がついたKOBE STYLEのキッチン購入しよう!