ENTRIES

ヤマモト語録のルーツは

writed by : Yamamoto

先日スタッフから山本さんのボキャブラリーの豊富さはどこからかと問われました。
ボキャブラリーといってもカシコイほうではなく、日常会話や雑談系のほうですが。

うーん。やっぱり漫画、本、テレビ、映画でしょうか。
姉と兄がいたので漫画に関してはチャンピオン、ジャンプ等の少年マンガや、りぼん、なかよし、マーガレットの少女マンガも読んでいたので当時は同級生よりませていたと思います。
そして共働きである母は忙しく、兄や姉はのろい妹を置き去りにし友達と、
ワタシは普段はテレビに子守してもらい、休みの日は父によく映画館につれていってもらいましのでそこからかもしれません。

みなさんAmazon『fire TV stick』
をご存知でしょうか。

2年ほど前に 7000円ほどで購入。
テレビのHDMIに挿し、簡単に設定。

Amazonプライム会員であれば
オススメ映画が無料で見放題。
モチロン有料であればリモコンひとつでいくらでも最新の映画やTV番組が観られます。

ただ、リビングのTVに挿しているので
家族の誰かがTVをみていたら
観ることができない。
自分のシュミのものを観るのは気が引けたし、知られたくないこともある。
別の部屋にもうひとつ購入。

別の部屋のTVに挿し、誰に遠慮もせず
好きな時間に好きなもの観られます。
観たい洋画いっぱいあるけど、しんどいときは字幕より気軽な邦画を観たい。
おっ。懐かしい~
『トラック野郎』小さい頃よく観たなあ。
カモメのジョナサン、思い出した。
思わず最後まで観てしまう。
男はつらいよも観る。
そうすると、次にオススメとかでてくる。

ん?

『鬼龍院花子の生涯』
これも大好き。夏目雅子の美しさと名ゼリフと鬼マサに惚れ直したいため
また観てしまう。
すると好みがアマゾンの機械に記憶されたのか、
だんだんオススメ映画が
五社英雄監督とか緒形拳、仲代達也、健さん主演とか『山口組なんとか』とか『吉原炎上』、小柳ルミ子の『白蛇抄』とか、
任侠モノと遊郭モノのとかクセのあるジャンルのオススメがでてくるのです。
どうやら「おとんのシュミ」のようです。笑

今度は、小さい頃映画館に連れていってもらったけど意味がわからなかったシリーズや、母が日曜洋画劇場の吹き替えでみていたシリーズ、幼い頃に怖くてトラウマになったドラキュラとかハエ男、人喰いアメーバーとかの怖いシリーズ見てみようかしら。

あ、平岡君と何かのときに話題にでた『ショーシャンクの空に』もいいなあ。

サイコーの自分の時間がとれることに気づき
楽しんでいました。

先日家族が誰もいないときにリビングのほうの
ファイアースティックをつけたら
どうやら私のTVとも共有しているらしく、
ワタシが見終えた映画
『鬼龍院花子』『陽暉楼』『肉体の門』『狗神』・・・全部家族にバレバレでした。笑

 

KOBE STYLEの悪魔

writed by : Yamamoto

あけましておめでとうございます。

映画の『プラダを着た悪魔』を初めて観たときはアン・ハサウェイに感情移入をしていたけど、最近に観たときはなぜかメリル・ストリープに感情移入していたヤマモトです。

そういえば前の職場の後輩達に

『赤い悪魔』
と陰で言われていたことを思い出しました。
そういえば今のスタッフ達にも

『ジャイアン』とか『鬼』とか言われているし・・・

ということで今年の私のテーマは
『KOBE STYLEの赤い悪魔』でいこう。

うんうん。悪魔スタートでいくなら
暴言、暴○も許されるでしょう!笑

本日1月4日は
新KOBE STYLEの誕生日です。

ちょうど一年たちました。
新しいポジションでの不安と、新しい仲間達と希望のスタートでした。

新しい出会いも沢山ありました。
初海外出張もありました。
そして太りました。(お約束)

もちろん別れもあり、再会もあり、振り返ってみるとこの年齢の女性にしてはかなり濃ゆーい一年だったような気がします。

そして、年末からスタッフ一丸となりすすめているショールーム改装工事、新しいキッチンの入れ替え、1月13日に関係者の方ご招待の

『10+1周年記念パーティー』の準備に追われています。

SR1

新しいキッチンは神戸大学キャンパス内でしかたなく伐採された榎(エノキ)を突き板にして使用しています。

エノキ神戸大搬出      エノキ神戸大桟積み

IMG_0038
年明けからSR工事のつづき、お施主様のキッチン納品もつづいており、おかげさまで忙しい毎日になりそうです。

14日からは皆様に新しくなったショールームを
見ていただけます。ぜひご来場ください。
今年もよろしくお願いいたします。

トーキョーナイト・師匠と弟子編

writed by : Yamamoto

トーキョーの地下鉄でGACKTみたいに金縁のティアドロップ型サングラスをしている推定身長155mmの若者に
フィンガー5のアキラかっ!
とツッコミたくなったヤマモトです。

田舎からでてきた(であろう)若者よ。
自分に似合うものを早くみつけなさい。

おばちゃんも、女子大生になっての初めて挑んだ新歓コンパに、張り切って黄色い菜の花色のワンピースを着て行く道中小さい虫がいっぱいまとわりつき、恥ずかしい思いをしたよ。

女子大入学前、ショートカットだった私は、美容院に鳥越マリちゃんの写真を持って行き、「ふんわり手ぐしパーマでアンニュイな感じを出してくださいと」と、注文したのにパーマ当たりすぎてパンチになり、泣きながら、帰ったら
家族が慰めてくれると思いきや、大爆笑。

「大仏!大仏パーマや!」と手を合わせてきたよ。

頑張れ若者!

ひとは笑われたものほど強く、そして美しくなる。(ヤマさん語録)

IMG_0221

 

ヤマモト・クロキの師匠、エクレアパーツの伊藤さんと会いました。師匠は仕事は厳しくホントよく泣かされました。といつも会うだびに話にでますが、師匠いわく、黒木さんは泣いてたけど、山本さんは泣いてなかったよ。

・・・
師匠のことはここらかは“マスターイトウ”と呼びます。
三人のキャラを簡単にわかりやすく説明すると
マスターイトウ→外見ジミ・内面マジメ
ヤマモト         →外見ハデ・内面フザケ
クロキ            →外見ハデ・内面マジメ

こういうことです。だから三人の相性は昔からとても良いのです。

産休復帰後クロキさんは久しぶりに会うマスターイトウと二人渋谷を歩きながら話しているのをワタシは後ろから聞いておりました。

「肛門にテニスボールを押し付けると気持ちがいい」
「そうそう」

(え?なに?ワタシの知らない世界?二人まさか?‥‥)
どうやら出産時の、陣痛の痛みを和らげる方法の話であくまでも医学的な内容なのですが、
周りの人ふりかえってましたよー。

マスターイトウにご馳走になり、おのぼりさんの二人をイルミネーションのキレイなシブヤに連れていってくれ、最後はワタシの大好きなお店に行きました。
バーテンダーさんが、いつものように旬のフルーツとお酒の種類と作り方を
説明。

IMG_0235

カリフォルニア産ザクロのカクテル、パインをテキーラかラムベースのカクテル徳島産の金柑のカクテル、
その他長野産洋梨、マスカット、福岡のあまおうもあり、三人はだれか何のカクテルにするかも予想したりと盛り上がり、
結果

ヤマモトが選んだのは
“ザクロとシャンパンのカクテル”
まず、珍しいものであること、ザクロが女性ホルモンによさげ。真紅の色もなんか
ヤマモトっぽいと。皆納得。

IMG_0234

IMG_0239

クロキが選んだのは
“金柑を丸ごとしぼったカクテル”

これも金柑が珍しいということ、
体に良さそうなのもこれもクロキっぽく納得。

そしてマスターイトウが選んだのは
‥‥

まさかの定番フルーツ

“キウイのカクテル”
えっ?キウイって説明ありましたっけ?
地味っ!

爆笑です。

 

左が金柑カクテル・右がキウイスムージーカクテル

IMG_0287

ただし、笑ったものの、見た目は地味でしたが、一口飲むとスムージーのキウイの味は濃く、最高においしかっです。
見た目の派手さと目新しいものを選ぶのではなく、味もしっかりおいしくきっちりと定番を選ぶマスター・イトウの安定感。
ホントそれぞれの個性がよくでたカクテル選びでした。