ENTRIES

新婚旅行

writed by : Nishioka

01

▲レンブラント「夜警」見てきました。

 

主人へ。

入籍する前、あなたに、

「新婚旅行どこ行きたい?」と聞かれ、

「アムステルダム!」と即答したのを覚えていてくれたのでしょうか?

 

 

こんにちは。ニシオカです。

この2月、新婚旅行に行かせていただきました。

 03

▲ゴッホ

02

▲フェルメール

07

▲渦巻く海

09

▲びんび飯

 

 

?笑 

 

ココワ、トクシマ イン ジャパン。です。

 

 

アムステルダムとはえらい違いですが、徳島はとっても素敵なところです。笑

 

実はお正月も、身内一同で徳島のホテルで過ごしていました。

まさかこんな短いスパンで再び来ることになるとは。

 

まず訪れたのは、大塚国際美術館。

原寸大の名画の複製が陶板で忠実に再現されています。

作品の数も多く、誰もが知っている有名な作品が多いので、かなり楽しめます。

この絵ってこんな大きかったんだ!という驚きとか。

 

04

米津玄師がこの大塚国際美術館で歌ったことで、

年始から、『もしかしたら米津玄師に会えてたかも自慢』をしていたニシオカですが、

今度は、聖地となったこの美術館に、『行ったよ自慢』をしている今日この頃です。

 

 

にしても、

すごいねー!と、システィーナ礼拝堂の天井画を見上げてはしゃいでいたら、

 

 

主人「ごめん! オレ、イタリア行ったとき、ひととおり本物見てるから(・ω<)☆」

 

デカイ声が礼拝堂に響きました。 

…。

 

 

×××たろかと思った新婚旅行初っ端。

 

 

 

 

 

 

 

08 

そして、ホテルで夕飯。

とてもステキな和のフルコースだったのですが、ここで事件が起こります。

 

ホールの男性が、梅の花が飾られたおしゃれなデザートを持って、

隣の席のご夫婦に、「お誕生日おめでとうございます。こちらはサービスです。」

 

すると、

「は?違いますけど??」

(若干キレ気味)

 

「…そうですか。申し訳ありません。」

と言って、引き下がるホールのお兄さん。

 

 

私(わ~、、、気まず~い。これはあかんよなぁ。バースデーソング歌って出てこなくて良かったな。ぷぷっ。でもあのデザート、いまさらもう他の席に出すわけにはいかへんのやろなぁ。誰が誕生日やったんやろ~。今日は~2月・・・ んー?

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)あ゛!!

 

…わたくし、主人が誕生日であることをすっかり忘れていました

 

きっと今のあれは、ホテルの予約をしてくれた、気の利く義母のサプライズに違いない!!

 

 

 

ハハハ…サービスマン失格よね…アハハハハ…

 

気まずい雰囲気が漂う中、サービスマンを悪者にする嫁失格のニシオカでした。

牡蠣にとりつかれた女

writed by : Yamamoto

牡蠣が美味しい季節ですね。

牡蠣大好き、オイスターヤマモトです。

 

IMG_1034

確か5,6年前からはじまった、幼なじみとの牡蠣旅行。
岡山の日生、砂越、赤穂、近所の牡蠣小屋、など結構色々楽しみました。

数年前の牡蠣シーズンのある日、過去に遡ってみて必ずお腹を壊していることに気づいたのです。
最初は焼き牡蠣食べ放題で40個食べたとか、完全に焼かず少しレアで食べてたとか、極寒の中、一人だけ生ビールを何杯も飲んでいた等、思い当たるフシはいくつかありました。

友達に話したら
えっ?それひょっして牡蠣アレルギーちゃうん?貝毒やわ。こわっ
危ないよ。もう牡蠣やめよか?
などと話がでましたが、大好きな牡蠣を絶つなんて私にはできない。

かの芸術家で美食の神様、北大路魯山人が生煮えのタニシを食べて亡くなったというエピソードがあります。(美味しんぼより抜粋)

“ゲージツ家は死を恐れてはならない”
byゲージツ短期大学出身ヤマモト。

ちなみに母親にその話をして、「私ひょっとして牡蠣アレルギーじゃない⤴︎?」と聞いてみたら
「あんたバカじゃない?いい歳して!ただの食べ過ぎでしょ!」と、年老いた母親に暴言を吐かれる悲しい中年娘・・・。
そして今年の牡蠣会は、尼崎にある、なかなか予約が取れない人気店の牡蠣料理専門店にいってきました。
実は今まで知らなかったけど結構有名店みたいです。一か月前からの予約です。しかも8時半からしかあいていない。
期間限定の冬のみの営業がさらにレア度を増しますね。

夏だけかき氷のお店やらせてもらおかしら。

間に氷の文字をいれて

“かき氷金”

IMG_1024

お料理は酢牡蠣、カキフライ、焼き牡蠣、牡蠣のバター焼き、土手鍋、牡蠣ご飯と全てお上品な味でした。
いつも漁港ので食べる磯の風味の旨味たっぷりのワイルドな牡蠣が大好きだけど、こういう大人の食べ方もオツですね。日本酒がすすみます。

IMG_1035

IMG_1037

IMG_1041

ちなみに今回もですが、漁港の料理旅館もどこも生牡蠣出してないんですよね。

実は私の一番好きなのは
“生”
なんです。

こないだ東京の師匠、マスターイトウに
銀座のオシャレなオイスターバーに連れて行っていただき
そこでは産地別の生牡蠣を食べ比べです!
ちゅるんと最高においしー♡
幸せな時間でした。

IMG_0938

ちなみにお腹は痛くならず、亜鉛パワーで元気モリモリです。
過去の原因は母親のいうとおり、今までは食べすぎという事が判明しました。

書いててまた牡蠣食べたくなりました。
牡蠣好きな方ぜひお声かけてくださいませ。
生ガキとワイン、焼き牡蠣とビール、牡蠣鍋と日本酒どれでもOKです。

みなさん牡蠣は適量を食べましょう。笑

華麗なる加齢。そして神頼み

writed by : Yamamoto

 年明けは初ブログですね。皆さま今年もよろしくお願いいたします。

昨年末に伊勢神宮、元旦に熊野本宮大社に初詣、そして先日はえべっさんと神様になんとかしてもらおうとしているヤマモトです。

 

 

IMG_0415  伊勢神宮

 

 IMG_0794 熊野本宮大社

 

西宮戎

 

最近アンチエイジングを否定する考えが美容業界でも広まっているとのこと。

老いに抗わず、自然に老いを受け入れるそうです。

 

芸能人では吉川晃司や、近藤サトさんが髪を染めず、キョンキョンも老眼鏡を堂々とかけているそうです。

確かに男性のロマンスグレーはカッコイイですよ。キョンキョンの眼鏡もしかり。

でも白髪が素敵は女性は皆さん

上品で知的』です。

はっきりいって下品なおでぶちゃんの白髪はリスキーです。(キッパリ)

 

先日近所の温泉に炭酸の湯が導入され、『アンチエイジングの湯』として

効能 美肌効果、抜け毛、加齢にともなう症状を改善でき、10分入ると効果があると書かれていました。

 

アンチ、アンチエイジングといいつつも、やはり若返りたいという女心。

しかし、いつ行っても60歳以上のおばーちゃん達が陣取っていて、入る隙スキなし。しかもみんな10分以上はいってるし!

心の中で

(おばーちゃん、もう別にカサカサでもいいやん、今更アンチエイジングて、ぷぷ)

と、ちょっと意地悪な念を送り、どいてもらいました。

その後陣取って炭酸を吸収していると、キラキラピチピチの20代の子がこっちを見ていました。

きっと(おばちゃん、もういいでしょ。はよどいて)と念を送られていたと思います。

 

さて、えべっさんにスタッフみんなと朝イチに行ってきました。

IMG_0929

IMG_0930

 

 IMG_0913

おみくじをみんなで引いて、一番いいくじひいた人がお茶おごることにしよう!とひいたところ、

岸田君の『半吉』が一番良かったのです。笑

半吉って生まれて初めて見ました。

IMG_0906

岸田半吉君に甘酒おごってもらいました。

IMG_0915

 

ちなみに私は末吉。

末吉だけど願いが叶うと書かれていました。

神様、もう少しだけ若くしてください。