ENTRIES

六甲の冬支度 

writed by :

季節はすっかり秋ですね。

朝夕が少し肌寒くなってきました。

藤田です。

 

11月までに予定しているリフォームの場合。

100%のお客様が、サッシ障子の取替えもしくは内窓サッシ取り付けを

ご希望されております。

ECOポイントが適応されるというメリットがありますが、それが全てではありません。

 

あるお客様は、北側のサッシが結露して室内にカビが生えやすいので改善したい。

また、別のお客様は六甲山の吹き降ろしの風が冷たく、以前から検討していた。

ただ、今まではサッシ全体を取り替えるイメージしかなかったので、諦めていたと

言うご意見を耳にしました。

(寒くても情緒があるのは、有馬温泉ぐらいですよね)

 

私の提案は、まず4パターンありますが、出来るだけローコストで簡易な工事方法を

お奨めいたします。

 

私は ②もしくは③がおすすめです。

 

①複層ガラスに交換

サッシ本体枠と障子を残し、単層ガラスを複層にガラスのみ交換する

結露が改善されにくい。値段のわりに効果が薄い。

 

②複層ペアガラス障子に交換

サッシ本体枠を残し、複層ガラス障子ごとはめかえる。

(メーカー、年代によって不可能な場合があります。)

 

③内窓サッシを取り付け(二重サッシになる)

室内の窓枠(木製・樹脂製)に取り付ける二重にサッシが付く工事。

窓の開け閉めは2アクションとなる。工事は比較的簡単

窓の断熱性能が大幅にアップします。マンションにも適している。

 

④サッシ本体ごと取替える

樹脂素材・複層ガラスで新築に近い性能を発揮しますが、内外部の補修が

必要は場合があります。コスト高の工事

 

神戸エリアは比較的、冬場は暖かそうなイメージがあると思われがちですが、

六甲山脈の影響で、北区から三田方面にかけては風が強くてとても冬は寒く感じます。

また、灘区や東灘区でも山手のお家は対策が必要だとおもいます。

 

神戸六甲山近郊は、床暖房とペアガラス装備は必要なエリアです。

だから「11月中にお願いね。」とリクエストがあり急いで段取り組んでます。

 

サッシ工事、床暖工事の職人さん。六甲の冬が来るまでにがんばってまいりましょう。

 

 

 

 

 

 

はじめまして

writed by :

はじめまして。ブログ初書き込みのウメコです。

私がKOBE STYLEに入社して早くも4ヶ月が経とうとしています。

毎日が新鮮でとても楽しく仕事をさせていただいています。

 

そして先日みなさんに歓迎会を開いてくれました!!

(忙しいのにありがとうございます!!)

雰囲気も最高、お酒の種類も豊富なとても素敵なイタリアンのお店でした。

 

 

鳥さし写真1.jpg

そう、イタリアンのお店だったんですが・・・・

なぜか鳥刺。

オーナーさんが焼き鳥屋さんもやっているようで、新鮮な鳥が頂けました。

聞いたことのない所とかイロイロな部位まで堪能です。

 

 

そしてとってもおいしいお酒たち。

ワイン写真2.jpg 

ゴックゴク・・・・・

 

ゴックゴクゴクと・・・・

 

みなさんあっっりえない様な大人飲みでワインが次々と姿を消していきました。

笑いあり、涙あり、学生の頃のように団結したりのとても楽しい歓迎会でした。

ありがとうございました。

 

 

 

これからも一生懸命がんばりますので

よろしくお願い致します。

 

ウメコ

 

 

 

 

LIVING&DESIGNキッチンのストーリー

writed by :

インテックス 大阪 LIVING&DESIGN2010 から1週間が過ぎました。

 

今週は期間中に溜め込んでしまった業務を、月曜日から木曜日の4日間で

 

取り戻し、金曜日には新たな物件の打合わせに入ることができるまで

 

スケジュールが回復してきた 藤田です。

 

今日は、展示会でお出会いし名刺交換させていただいた方々への御礼メールや

 

ハガキを作成し、ようやく送ることができました。(大変遅くなってしまいました)

 

本来、御礼というのは3日以内に必ずと思っているのですが、今回はさすがに数が多い為

 

に時間がかかってしまいました。

 

今回の御礼文を書く際に、ハガキを手書きにて何人かの方に郵送しました。

 

多くのビジネスの方はPCメールにて送信したのですが、メールアドレスがない方や

 

一般の方にはハガキを書くことになり、 ほんとに久々です。

 

最近は年賀状もPCで作りますし、書類関係はワード・エクセルで行いますので

 

手書きがとても「新鮮」に感じました。

 

ワードプロセッサソフト VS 手書き文章

インターネット通信 VS 郵便配達

オートメーション・マシーン VS 職人の手作り

 

 など、どちらも甲乙付けがたいですよね。

 

最近はこの両方のバランスが大切なのだと思っています。

 

スピードを必要とする、あるいは正確さを重視する仕事のときはパソコンやモバイルで

 

時間がかかっても心を表現する際は、手作業で行きたいと思います。

 

「昔から大切にしてきたモノ」 と「これから変わっていく新しいモノ」をミックスデザインする。

 

今の僕にとっては大切なことなのかも知れません。

 

 

出展モデルキッチン 「KUROKAWA」製作の手作業写真

展示品のアイアン素材でお世話になったaizaraさんの工房写真 (神戸高架下)

kurokawa blog.jpg

 

 

坂本商店さんの 「手で漆塗りを施した黒桟牛革の1枚もの」

今回は3枚製作してもらいました。(姫路市)

kurozan.jpg

オートメーションのマシーンでは表現出来ない味がここにあります。

 

「昔からあるモノに感動し、これからも使い続けられるモノをつくりたい。」

 

これが僕のメッセージでありストーリーでした。

 

「キッチン」にストーリーがあることは、オーダーメードキッチン会社にとって

 

当たり前だと思います。

 

これからも皆さんのストーリーを是非聞かせていただきたいと思っています。

 

最後になりましたが

神戸・姫路・東大阪・八尾・奈良・和歌山の協力者の皆さま一同心から感謝いたします。

 

神戸の藤田でした。