ENTRIES

サードからの卒業

writed by :

こんにちは!オガワです。

先日の西岡さんのブログで、
幸の字が付く名前の人に親近感を持つと書かれていましたが、
私も自分の名前に入っている「知」の字が付く人に出会うと
勝手に親近感を持っています。

 
名刺交換した方はご存知だと思いますが、
私のフルネームは某女優さんと同姓同名、
漢字もまったく同じです。
ある程度の年齢以上の方にはすぐ反応されます。
特に60代以上の方はドンピシャ世代!

物心ついた頃から、私の名前でまわりの大人たちに
思い出話をされる(ネタにされる)ことが多くありました。

・小学校の先生に、授業を中断して、女優さんが若い頃は歌手で、
最優秀新人賞を取ったことを熱く語られる
・風邪で朦朧としている中、行った病院の受付のおばさんに
当時婚約者だったレーサーの方が事故で亡くなり、
どんなに悲しんでいたかを詳しく説明される
・大学時代の教授に、実は若い頃、女優さんのファンクラブに入っていて
私が入学した時から意識していたと、卒業式の日に告げられる

などなど。
そんなわけで、学生の頃は、自分の名前があまり好きではありませんでした。
社会人になってからは、この名前のお陰で年上の方にすぐ覚えてもらえて、
初対面でもツカミで話のネタになるので、好きになったのです。

 

KOBE STYLEに入社してからは、「オガワ」と言う苗字は
どんなアダ名にしても語呂がいいと、どんどんアダ名が増えました。
結婚してからも仕事では旧姓のオガワを使っていたのですが、
それも本日が最後になります。

私事ですが、この度、転居することになりまして、
KOBE STYLEを退職することになりました。
本日が最終出社日となります。

藤田 前社長 命名のアダ名「サード オガワ」
(やっぱりこれがたくさんあるアダ名の中でも不動の1位です!)も
本日で卒業です。
KOBE STYLEのサードポジションは卒業しますが、
これからは、鹿のいる町からKOBE STYLEの
ホームページやブログを楽しみにしています。

3年弱という短い期間でしたが、多くの方に支えていただきまして、
感謝しております。
本当にありがとうございました!

IMG_0417

武庫川の幸

writed by : Nishioka

昔から、名前に幸という漢字が入った人に、妙な親近感を抱きます。
こんにちは。ニシオカです。

子供の頃、
「幸という漢字がつく名前の人は苦労する!」と、クラス全員の前で発表した子がいまして、

幸がつく私は、
(おや?もしやこれは、イジメの始まりなのかしら?)
と、ドキドキしたことがあります。

なぜそんな話になったのかといいますと、その子いわく、
幸という漢字自体が『手かせ』を表し、刑罰が手かせですんで、ラッキーというような意味があるとのこと。
そもそも、幸せの形は人それぞれで、漢字で表しにくかったのでしょう。

それにしても、手かせとか最悪ですよね。
・・・手かせつけてる時点で、悪人ですよね。

-そして、そこから永い幸の呪いが始まったのであります。-

あ!あの人の名前、幸がついてる!
幸楽苑!幸せのパンケーキ!ハッピーターン!

幸探し。そして分析。
もうコワイ!ヤメテー!と言われますが、気になって気になって仕方ないのです。

そんなニシオカが最近、どはまりしている小説があります。
『あきない世傳 金と銀』
銀二貫やみをつくし料理帖の高田郁さんが作者です。
どちらもドラマ化したこともあり、かなりハマった作品ですが、
今回の主人公には、かなり入り込めます。なんせ主人公の名前が『幸』なのです。
幸はとっても苦労するのです。

そして、武庫川が出てくることが、またツボなのです。
大抵の子供が親に言われているであろう説、
「あなたは川の橋の下でひろってきた子供なの。」

IMG_6309
我が家では
「あなたは武庫川から流れてきて、ジャッキー(愛犬)がくわえて帰ってきたのよ。」
と、かなりアレンジされていました。
ジャッキーに恩があるから、ちゃんと散歩にいきなさい。という意味です。

おかげでトラウマにならずにすみました。
むしろ、本当にジャッキーが私を見つけて家につれて帰ってくれたなら、幸せです。

武庫川のほとりで生まれた幸。
とにかく苦労します。(しつこい。)
ドラマ化間違いなし。まだ完結していません。
はやく続きが読みたい。。。

IMG_6370
おまけの現場あるある。
コンクリートを打つところにねこちゃんは現れる。

キャリアウーマン

writed by : Kuroki

子供の頃の夢に

①きゃりあうーまん になること
②白夜をみること

と文集に書いたことを思い出した黒木です。

なぜきゃりあうーまんを
思い出したかというと

ここ最近キッチンを納品させて

いただいたお客様に共通することが、

私の憧れのキャリアウーマン
だったからです。
キッチン事例を含めて少しご紹介します。

 

N様は理系のご職業につかれて
ベテランでバリバリ働いていらっしゃいます。
建築家住宅のリフォームで
ご自身のお好みと家の持つテイストを
きちんと把握されていて
芯があるところが素敵です。
ユーモア交えてお話くださるので
打ち合わせがすごく楽しかったです。

IMG_0346

選ばれた扉色も生成りがかった白と
味の出てくるナラオイル塗装。
お子様も巣立たれ一息つき
インテリアを楽しんだり
ゆったりすごせる
余白、余裕のあるキッチンです。

 

 

こちらはマンションリフォームです。
以前ブログでご紹介しました
「大人のキッチン」です。

IMG_0344
O様は大手企業の管理職をされていて、
お忙しくされているのにお料理はしっかりされて、

素敵で実用的な和食器をかなりの数持たれているので、

段数多く幅広の収納を設けました。

ウォールナットとうねり模様の

ワークトップが落ち着きを醸し出します。
実はO様のファッションがご夫妻で
とっても洗練されていて
打ち合わせのたびに素敵な装いで
うっとりしていました。。

 

続いては今日お引き渡しの
飲食店を複数経営されている
女性オーナーのO様。
神戸で20年以上続く有名な餃子店を
されています。
お好みをはっきり伝えてくださり、
サバサバしていて
気さくにお話してくださる素敵な方です。
クォーツのシンク側ワークトップでは
テーブルを兼ねています。

IMG_0343
妹さんのN様も中華料理店を経営されていて
同時期にキッチンご採用くださいました。

IMG_0342
L型ステンレスのワークトップは
継ぎ目なく一体型で製作しました。

先日O様のお店に行ってきました!
餃子美味しかったです!

IMG_0341
神戸の餃子は味噌ダレです。
ニンニク入っているのに後味スッキリ
におわない工夫をされているそうです。
お店はこちら↓
餃子「イチロー」

ハンバーグのお店も!
「大也」

そしてN様のお店はこちら↓
「燕南」