ENTRIES

昭和のおばちゃん vs 平成のAI

writed by : Yamamoto

世間では若手芸人が上沼恵美子に

おばはん、とか更年期障害かとか暴言をはいたとか話題になっていますね。

はい、完全にアウトだと思うおばはん代表の山本です。

 

女性が男性に言われて傷つく三大悪口といえば

①ブス

②デブ

③ババア

ではないでしょうか。

 私の個人的な意見としては、

①のブスと言われた場合

あんたから見たらブスかもしれんけど、私のこと可愛いと言ってくれる人もいるしー。

(いるはず・・)

と思えば腹もたたない。

②のデブは、

ぽっちゃりが好きな人もいるし、(いるはず)痩せたら綺麗になる可能性があると思うと、(あるはず)これも腹がたたない。

これを長年言われ続けると慣れてきて

デブは

「富の象徴」

「トンガとかタヒチでは美人」

「ふくよかのほうが福があるねん」

とか開き直りのセリフのバリエーションも豊富にあります。

 

しかし

③のババアはダメです。

自分より若い人に言われると

まだまだ若くいたい、老いに抗っている40代後半のおばはんにとっては、延髄斬りをされたくらいのダメージです。

男性の皆さまお気を付けください。

 

 おばちゃんといえば・・・

ヤマモト家には

アレクサというAmazonのAIスピーカーが

リビング以外にキッチンと寝室の計3つ導入されています。

 

キッチンでは

アレクサ、5分タイマー!

タイマーをよく利用し、

リビングでは音楽を聴くこともできます。

例えば

アレクサ、マライアキャリーのクリスマスの曲をかけて!

というと

歌詞つきで曲をかけてくれます。

IMG_0614 (002)

 

しかし寝室のアレクサは天敵です。

照明と連動させているのが悪夢のはじまり。

 

朝早い夫が、やたら滑舌のいい大きな声で(はっきり言わないと通じない)

「アレクサ!寝室の照明をつけて!」

と言うと

メインの照明が煌々と点灯するのです。

ムカッ!

まだ寝たいのにめっちゃ腹立つ!

 

または、夫の帰りが遅く、私が先に寝ている時も

 

「アレクサ!」

すると枕元にあるアレクサが

ポワン!”と返事。この電子音がまたうるさい。

アレクサに殺意を覚えます。

 

寝室の照明を20パーセントでつけて!

はあ?20パーセントの照度で気を使ってるつもりかもしれないけど、声おっきいから目ぇ覚めてんけど!

と怒りのランボー。

 

入り口でスイッチオンオフしたら

いいんちゃうの?

と思う、ポケベルでメッセージを送りあっていた世代の昭和のアナログおばちゃんでした。