ENTRIES

武庫川の幸2

writed by : Nishioka

争いになったとき、ヤマモトさんが味方になってくれたら勝てるやん!
そういう理由で証人になっていただきました。
こんにちは。ニシオカです。

しかしながら、
署名の時、ヤマモトさんが、先に署名していた主人の味方となる証人をさして、低いトーンで言ったひとこと。

「この子、弁が立つの?」

という言葉が頭から離れません。
すでに戦闘モードです。

こ、こわい。

そして、
「DVなんかあったら張っ倒したんねん!」
っと、言ってくださる優しい社長。

※DVありませんから。

病めるときも貧するときも、
この無敵カードに、安易に手を出すことがないよう、
穏やかに平和に過ごしていこうと

心に誓った今日この頃です。

 

ようやく満足できる物件にありつけました。
この夏、異常な暑さのせいか 気分が盛り上がらず、内覧をしても、じゃ帰りましょかループ∞

都会の不動産屋さんは、あんまりがっつかないのか…。
と、その時は感じていましたが、今になって思う…

相手にされてなかっただけ!!笑
いかんせんインターネットの目にとまる情報はほとんど呼び物で、
こんな撒き餌に引っかかるか~!っと注意しながら、検索!問い合わせ!検索!の毎日。
そしてようやく、良い雰囲気の不動産屋さんにたどり着く。

期待をしつつも、どうせまたループでしょうよ。と、卑屈になっている私を救ってくれたのは
ものっすごいキラキラした不動産屋さんの奥様の笑顔でした。

あ〝~~~、、、、まぶし…
これです!
私が欲しかったのはその笑顔です~

すべてお任せしまーす!という勢いで、その日のうちに即決。

壺を売られていたら買っていたかもしれません。

土間と大きな吹き抜け、緑の借景付き。

IMG_7792

そして週末は、この梁や手摺が洗濯物だらけになるという。。明るすぎて乾く乾く。

本当に良い人に出会えてよかったです。

 

後日、物件探しの時にプリントアウトした間取りの資料を整理していて、吹き出したのですが、

今回決めた物件、「幸せの隠れ場所」というキャッチコピーで宣伝されていたようです。

 

隠れているそうです。
※幸の呪いはつづく…

花嫁衣装は作業服

writed by : Yamamoto

春にニシオカさんから
「9月に結婚します」
との報告を受け、
結婚式で安室ちゃんのcan you celebrateか木村カエラのbutteaflyの歌を歌おうと練習しようと思いましたが
まわりのみんなに普通そういう曲歌うのは花嫁の友人で、上司はスピーチやん。

とつっこまれた山本です。どてっ。

式は今のところあげないということで
歌もスピーチも心配することはなかったです。

という事で実は今日はめでたくニシオカさん入籍日です。

そしてそのおめでたい今日、花嫁は私と担当しているオーダーバス納品初日立会いです!

変わろうか?と言いたいところですが、
お施主さんと工務店さん、職人さん達から信頼のある彼女が立ち会わないとおさまらない現場なので、ガッツリ働いてもらいます。笑

IMG_6091

もしもの時、2人が争い話し合いが出来ない状況になった場合は後見人同士が戦う、いや話し合いをお願いしたいとのこと。
ということで証人の署名と押印を依頼されました。

エッ?本気ですか?

いつでもどこでも契約できるよう印鑑と万年筆を持ち歩いてはいるケド・・・

まさかニシオカさんの婚姻届けに署名とはんこ押すことになるとは・・・しかも現場で・・・

親御さんに怒られないでしょうか。
KOBE STYLEの取締役印押すときより緊張しました。

かつて親友が人前式の結婚式をあげたとき、私は花嫁の後見人として誓いの言葉のあとにサインを依頼されたこととがありました。

式の当日は花婿の後見人の男性が先に署名をするのですが、その男性が緊張して手が震えて署名がなかなかできずインクが滲み、
“ロッキード事件か!”
と心の中で突っ込んだことを思い出しました。

現場で署名の瞬間。

IMG_6097

最近の婚姻届ピンク?

ゼクシイ限定バージョン?

IMG_6089

 

このあと作業服のまま婚姻届け出しに行くのでしょうか。爆笑です。
でも一生の思い出になることでしょう。
私も飲み会のネタに使います。

 

皆さま
西岡さんへの結婚のお祝いはキッチンのご注文をお願いします。
と、冗談はさておき

“おめでとう”
と一言いただけると幸いです。

川床初体験は天国と地獄

writed by : Yamamoto

レモン白湯ダイエット10日目のヤマモトです。
今のところあまり成果は感じられず、心折れそうになっています。

皆様、励ましのお言葉お待ちしております。

幼なじみ4人との夏のイベント、いつにしようかどこに行こうか、
“リッツカールトンでワイン・シャンパン飲み放題”
“鳥取砂丘・うにづくし料理”“果物狩り付き海鮮食べ放題”
企画を持ち寄ったものの、ワインが飲めないやら、料理がたくさんのほうがいいけど

食べ放題は嫌とか、砂丘は暑いとか、子供のイベントでその日は無理だとか、パートのシフトいれてるとか、毎度のことですがおばちゃん4人全然スケジュールが合わない。

というか合わそうとしない。笑
比較的私は先の予定であればほぼ合わせられるのでグループラインで皆のやりとりを俯瞰していましたが、
一度行きたかった箕面にも川床があるらしいということを思い出し、提案したところ即採用されました。

IMG_5653

床に行く前にせっかくなので箕面の滝に散歩行こうと言いだしっぺの私。
箕面駅に到着したけど、昼間の気温36度となかなかの猛暑。

徒歩20分から30分やからイケるはずと仕切って歩いていましたが、

日ごろの運動不足でスピードが遅いせいか、なかなか到着せず、2/3すぎまで歩いたところで衝撃の事実が発覚しました。

先日の暴雨で崖崩れの為、滝までは迂回ルートで行かないといけないらしく、
どうもここからさらに20分かかるとのこと。

言いだしっぺの私、まさかのリサーチ不足。

IMG_5607

地獄谷て・・・

うげっ

え~

どーする?

このまま行くとかなりのハイスピードで往復しないと、

川床の予約の時間に間に合わない!

いや、ようやく苦労してここまで来たのに引き返すのも

もったいないし・・・

さあどうしよう?

と、究極の選択を強いられる私。

 

この夏、合宿とか書写山修行に行こうかと思っていたこともあり、

「うぉりゃーっ
ここは行くしかないでしょーっっ!!」

(冷静な判断というより、ヤケクソ)

と迂回ルートを黙々とで歩き続け、

リゾートワンピースは汗だく、サンダル履きの足の裏は皮がむけて痛い・・・
そもそもの目的の納涼とか、癒しとかのレベルではなく
もはやトレーニング。笑

IMG_5642

 

そして滝に着いた!
そしてなんともいえない達成感!
涼しい!マイナスイオン!

カ・イ・カ・ン

IMG_5619

後で飲むビールのために我慢していましたが、
ここまできたご褒美と、もみじの天ぷらソフトを食べる。

これまた美味しい。

 

IMG_5641

10分のつかの間の休憩のあと、川床まで歩くこと35分。

その後の箕面ビールと、お料理と景色は
最高でした。

地獄の後の天国です。

IMG_5647

ここはある程度酸いも甘いも嚙み分けたオトナしかダメですね。

はっきりいって若造禁止。
お世話になっている人をぜひお連れしたいと思いました。

IMG_5658

今度は温泉&川床の組み合わせにします。

滝に行くならタクシーにします!笑