ENTRIES

武庫川の幸2

writed by : Nishioka

争いになったとき、ヤマモトさんが味方になってくれたら勝てるやん!
そういう理由で証人になっていただきました。
こんにちは。ニシオカです。

しかしながら、
署名の時、ヤマモトさんが、先に署名していた主人の味方となる証人をさして、低いトーンで言ったひとこと。

「この子、弁が立つの?」

という言葉が頭から離れません。
すでに戦闘モードです。

こ、こわい。

そして、
「DVなんかあったら張っ倒したんねん!」
っと、言ってくださる優しい社長。

※DVありませんから。

病めるときも貧するときも、
この無敵カードに、安易に手を出すことがないよう、
穏やかに平和に過ごしていこうと

心に誓った今日この頃です。

 

ようやく満足できる物件にありつけました。
この夏、異常な暑さのせいか 気分が盛り上がらず、内覧をしても、じゃ帰りましょかループ∞

都会の不動産屋さんは、あんまりがっつかないのか…。
と、その時は感じていましたが、今になって思う…

相手にされてなかっただけ!!笑
いかんせんインターネットの目にとまる情報はほとんど呼び物で、
こんな撒き餌に引っかかるか~!っと注意しながら、検索!問い合わせ!検索!の毎日。
そしてようやく、良い雰囲気の不動産屋さんにたどり着く。

期待をしつつも、どうせまたループでしょうよ。と、卑屈になっている私を救ってくれたのは
ものっすごいキラキラした不動産屋さんの奥様の笑顔でした。

あ〝~~~、、、、まぶし…
これです!
私が欲しかったのはその笑顔です~

すべてお任せしまーす!という勢いで、その日のうちに即決。

壺を売られていたら買っていたかもしれません。

土間と大きな吹き抜け、緑の借景付き。

IMG_7792

そして週末は、この梁や手摺が洗濯物だらけになるという。。明るすぎて乾く乾く。

本当に良い人に出会えてよかったです。

 

後日、物件探しの時にプリントアウトした間取りの資料を整理していて、吹き出したのですが、

今回決めた物件、「幸せの隠れ場所」というキャッチコピーで宣伝されていたようです。

 

隠れているそうです。
※幸の呪いはつづく…

おもしろ物件探し。

writed by : Nishioka

そりゃそうです!
普段から、キッチンを納める現場で素敵な家ばかり見ていたら、
私レベルが望む家賃帯の部屋で、そう簡単にときめく訳がないのです。
こんにちは。ニシオカです。
やっぱり実家が1番です。

ただいま、新生活に向け、賃貸の物件探しをしています。

要望としましては、
①六甲アイランドに電車やバスを乗り継いでも1時間以内で通える場所。
②おもしろい物件。ex.海の最前列!とか、土間が広い!とか、ピザ釜あるよ!とか。

ただし、それが無ければ、駅近徒歩7分以内の新築かリフォーム済み物件。
駅前ならば、リフォームされていなくても我慢する。
(ちゃんと落とし所のヒントをあげたつもり。)

というややこしい要望に、営業のお姉さんが頑張ってくださっています。
実は不動産屋さんで働いていたこともあるニシオカ。
ずっと設計畑だった為、ちょっと社会勉強♪のつもりが、楽しくて気がつけば4年働いていました。。

ガラス越しから見える店内が、万年モクモクとタバコで煙る、昔ながらの不動産屋さん。
入り口にカメラがついており、店の外の物件チラシを見る人あらば、
「声かけたって~」
という、通称 “天の声”が社長室から聞こえてきて
事務所で暇してる人間は、そそくさと出ていき、案内するのです。
余裕がある時はポスティングをしながら、物件確認に行く業務もありました。

私は、おもしろそうなマニアックな物件ばかり見に行っては、
それに合うお客様を想像したりしてネタを集めていたのですが、
それだけではダメだ!と、
時々、厄介なことを上司に頼まれることがありました。

昼間に管理物件の案内をしたいと、鍵を借りに来た不動産屋さんが
雨戸を閉め忘れたので、閉めてきなさいと。
そして、ついでにベランダに看板を付けて来なさい。
そしてそして、チラシ用の写真も撮ってきなさいと。

…それも夕暮れ時に。

築年数は50年ほど。肝試しです。
それも、一軒家の2階の窓…。
お相撲さんのかわいがり的なやつでしょうか…。

懐中電灯を持って行きましたが、ドアを開けるとそこは暗闇の世界。
でも、階段から二階を見上げると、
あれ?なんか影が動いてる~!(ような気がする)
そして、カメラの電源が勝手に入った~!(ような気がする)
ブレーカーが見つからず、おそらく建物の奥の炊事場あたりにあるであろう という事に びびってしまい、
・・・結局 次の日の早朝にこっそり閉めに行くという。

そして、少し暖かくなったなぁーと感じる時期には決まって、管理物件の入居者さんから
特殊なクレームの電話がかかってきます。

入居者A「上の階のお子さんが一晩中ペタペタ歩き回ってうるさいので注意してください!」
ニシオカ「承知いたしました。音の問題は部屋の特定が難しいので、全室に注意喚起のお手紙を送ります。」
(後で、上の階がすべて空き部屋であることに気付き、ゾッとする。)

入居者B「夜になると、ドレスを着た女が現れるんです…。」
入居者C「隣の部屋の人、黒魔術か何かしてるようなので、見てきて下さい!」etc…

そんなこんなで、今となっては、
賃貸の営業女子に対し、先輩風を吹かす、厄介な客になった私。

きっと住めば都!思い切った提案をお待ちしております。

IMG_7485

家で釣りができたら即決ですけど。

つづく・・・

武庫川の幸

writed by : Nishioka

昔から、名前に幸という漢字が入った人に、妙な親近感を抱きます。
こんにちは。ニシオカです。

子供の頃、
「幸という漢字がつく名前の人は苦労する!」と、クラス全員の前で発表した子がいまして、

幸がつく私は、
(おや?もしやこれは、イジメの始まりなのかしら?)
と、ドキドキしたことがあります。

なぜそんな話になったのかといいますと、その子いわく、
幸という漢字自体が『手かせ』を表し、刑罰が手かせですんで、ラッキーというような意味があるとのこと。
そもそも、幸せの形は人それぞれで、漢字で表しにくかったのでしょう。

それにしても、手かせとか最悪ですよね。
・・・手かせつけてる時点で、悪人ですよね。

-そして、そこから永い幸の呪いが始まったのであります。-

あ!あの人の名前、幸がついてる!
幸楽苑!幸せのパンケーキ!ハッピーターン!

幸探し。そして分析。
もうコワイ!ヤメテー!と言われますが、気になって気になって仕方ないのです。

そんなニシオカが最近、どはまりしている小説があります。
『あきない世傳 金と銀』
銀二貫やみをつくし料理帖の高田郁さんが作者です。
どちらもドラマ化したこともあり、かなりハマった作品ですが、
今回の主人公には、かなり入り込めます。なんせ主人公の名前が『幸』なのです。
幸はとっても苦労するのです。

そして、武庫川が出てくることが、またツボなのです。
大抵の子供が親に言われているであろう説、
「あなたは川の橋の下でひろってきた子供なの。」

IMG_6309
我が家では
「あなたは武庫川から流れてきて、ジャッキー(愛犬)がくわえて帰ってきたのよ。」
と、かなりアレンジされていました。
ジャッキーに恩があるから、ちゃんと散歩にいきなさい。という意味です。

おかげでトラウマにならずにすみました。
むしろ、本当にジャッキーが私を見つけて家につれて帰ってくれたなら、幸せです。

武庫川のほとりで生まれた幸。
とにかく苦労します。(しつこい。)
ドラマ化間違いなし。まだ完結していません。
はやく続きが読みたい。。。

IMG_6370
おまけの現場あるある。
コンクリートを打つところにねこちゃんは現れる。